山梨交通株式会社
平成30年度 運輸安全マネジメントに関する取り組みについて
山梨交通株式会社では、輸送の安全を確保するための基本的な方針、その他輸送の安全に係わる情報を以下のとおり公開いたします。
1.輸送の安全に関する基本的な方針
社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たすとともに、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を充分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。
輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努め、また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。
安全方針スローガン「安全は全てに優先」 私たちは、お客様に「安全」と「安心」を提供し、快適に目的地まで輸送することが使命です。
2.輸送の安全に関する重点項目
輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守する。
輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努める。
輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講ずる。
輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有する。
輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施する。
3.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計
平成29年度 0件
4.輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況
平成29年度の目標達成状況
バス運転者に責任のある事故の発生件数は、14件を上回らないとの目標を設定し、事故防止活動に取り組みましたが、平成29年度は27件と目標を達成することが出来なかった。
平成30年度の目標
(1)重大事故発生件数の目標   0件
  (2)有責事故発生件数の目標  10件
5.平成29年度の輸送の安全に関する計画
安全スローガンの制定
  全乗務員を対象とした全員教育の実施(運行管理者や補助者を含む) 
  経営トップと現場とのコミュニケーションの強化 
ヒヤリ・ハット情報の収集、共有と事故防止への活用
安全マネジメントの理解の浸透
運行管理者・運行管理補助者、整備管理者・整備管理補助者のレベルアップ
添乗指導制度の継続的実施
飲酒運転を根絶する意識の徹底
ドライブレコーダーを活用した教育の実施 
運転者の健康状態の把握と健康に起因する事故の防止
6.輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統
別掲1「安全管理組織図」とおり
7.平成30年度の輸送の安全に関する予算等
 ◇ ドライブレコーダーのカメラの増設及び機器の更新
全乗務員への「グループ安全研修」の開催
安全運転中央研修所への運転者派遣
 ◇ 自転車や歩行者に対し、バスの接近を知らせる放送装置の設置 
 ◇ 脳MRIスクリーニング検査の実施
夜行高速バスの車内に、赤外線ドライブレコーダーの設置
運輸安全マネジメントに関する先進地事例の視察
8.事故、災害に関する報告連絡体制
 ◇ 別掲2「重大事案発生時の初動体制」のとおり
9.安全統括管理者、安全管理規程
 ◇ 安全統括管理者  執行役員バス事業部長 池田 雄次
 ◇ 安全管理規程  別掲3のとおり
10.輸送の安全に関する教育及び研修の計画
別掲4「乗務員教育計画表」のとおり
 別掲資料1〜4は下記の資料(PDF形式)をご参照下さい。
別掲1 別掲2 別掲3 別掲4
安全管理組織図 重大事案発生時の初動体制 安全管理規程 乗務員教育計画表

山梨交通株式会社  〒400-0035 山梨県甲府市飯田3-2-34

山梨交通トップ