00
   
 
 
従業員が仕事と生活を両立させることができ、従業員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての従業員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。
1.計画期間
平成23年1月1日から平成25年12月31日までの3年間
2.内容
目標1   育児・介護休業法に基づく育児・介護休業、産前産後休業、時間外労働の制限等諸制度について、従業員に制度の周知を図る。
  【対策】平成23年1月〜
  法に基づく諸制度の調査、就業規則や規程等の変更があった際の周知方法の検討
  パンフレットや社内広報チラシの掲示板へ掲示および各部署の管理職からの説明による従業員への周知徹底
  
目標2   育児や出産で退職した者を再雇用する制度を導入する。。
  【対策】平成23年1月〜
制度の詳細を検討する
    制度の導入、従業員への周知徹底
 
目標3   育児休業期間中の従業員に仕事関係の情報を提供し、円滑な職場復帰を支援する。
  【対策】平成23年1月〜
  情報提供時期、回数等を検討
  情報提供の実施